アンフレディアがメジャーデビュー
KeyStudioのライブステージビジョンと新宿アルタビジョンで史上初の屋内外同時放映&発表!

昨年3月の結成から精力的にライブ活動を行い、良質な楽曲と相まって人気上昇中の5人組アイドルグループ・アンフレディアが、8月にメジャーデビューする。1月30日にライブ会場と新宿駅前のアルタビジョンで同時に発表された。新たな幕開けとなった1日の模様をレポートする。

ライブは3曲のバリエーションで盛り上げる

 毎週末にライブを行っているアンフレディア。この日は新宿アルタKey Studioでのアイドルイベント『夢の扉Vol.2』に出演した。
 “超重大発表”が予告されていたステージは14時55分にスタート。軽快なポップチューン「僕は勇者」で、純白な衣装の4人が颯爽と現れた(綾坂星恋杏は体調不良で念の為お休み)。頭サビからクルクル回るダンスのイントロ。音羽リイナ、逢坂茉白、七橋依乃里+森崎美瑠羽とボーカルを繋いで、サビでは全員で拳を突き上げて盛り上げた。
 続いて、メロウなイントロからの「ミラージュ」。懐かしさを感じる王道アイドルポップスを、柔らかい声で歌い上げていく。笑顔を浮かべながら、指先を使った振りもキュートだ。
 そして、シンセメロに手拍子が起きた「Singlove Purelove」へ。アップテンポのリズムにセンチメンタルなメロディが乗ったナンバー。4人は流れるようなフォーメーションを見せつつ、物語を紡ぐように情感も伝えて歌った。楽曲の良さが売りのグループだけに、テイストの違う3曲それぞれの世界観を表現してみせた。

スクリーンに「2022年8月デビュー」と

 MCに入り、音羽が「私たち史上最大の重大発表をしちゃいたいと思います!」と宣言。欠席した綾坂とも電話を繋ぎ、スマホ画面に映った顔にマイクが向けられた。


 「(午後)3時11分になった瞬間に、ここと大きいアルタビジョンさんに流してもらいます」
 重大発表はステージのスクリーンと共に、新宿駅前のKeyStudioが入るアルタビル壁面の街頭ビジョンでも同時に流れるとのこと。さらに、アルタビジョンでは以後2月5日まで、毎時11分に放映される。
 「あと1分?」と急に緊張するメンバーたち。音楽が流れると「わっ来た!」と思わず声を上げる。スクリーンには新曲「飛んでmake up」の5人が海辺で飛び跳ねるMV映像から、「2022年8月メジャーデビュー」の文字が大映しに。販売元は徳間ジャパンコミュニケーションズ。

作詞は富田京子。驚きで涙を流すメンバーたち

 さらに、メジャーデビュー曲は「M」や「世界でいちばん熱い夏」などを手掛けた元プリンセスプリンセスの富田京子が作詞すること、ダイノジを公式アンバサダーに新メンバーオーディションを開催することも発表された。
 「メジャーデビュー?」「聞いてないよ!」「ヤバイ!」とざわめく4人。最年少の森崎は涙を流していた。音羽も「新曲の作詞が富田京子さんというのは聞いていたんですけど……」と涙ながらに語った。
 森崎は、17時11分にアルタビジョンに流れるこの映像を「特典会のあとで一緒に見に行きましょう」と会場のファンに呼び掛けた。音羽は「これからどんどん、もっともっと大きくなっていきます」と語って、ライブを締めた。

ファンと共に街頭ビジョンを見上げて

 17時過ぎに、私服に着替えたメンバーたちがアルタ前の広場にやって来た。アルタビジョンは「ライブに行く前とか信号待ちしているときによく見ます」とのこと。「自分たちが映るのは感動ですね」と逢坂が言った。
 寒さに足踏みもしつつ、笑っておしゃべりをしていた4人だが、スタッフが「あと2分」と言うと、集まっていた10人ほどのファンと共にビジョンを神妙に見上げる。17時11分、KeyStudioで流れたのと同じ映像が大画面に映り、逢坂と七橋は携帯をかざして動画を撮っていた。
 「虹色のステージの幕が上がる」と映像が締められると、ファンたちが拍手を送る。メンバーは振り返っておじぎして、一緒に記念撮影をすると、手を振って広場を後にした。
 8月のメジャーデビューまでは半年ほど。新メンバーを加えるアンフレディアがどう羽ばたいていくのか、注目される。次は今日の出来事を受けてのインタビューをお送りしたい。

Text/斉藤貴志